松本市議会議員

 働く人々の幸せ、安心して暮らせる地域の発展が心豊かな人生になるために活動を展開いたします。

松本市議会第50代議長に就任

 令和3年5月18日開催の臨時議会において松本市議会第50代議長に就任しました。  以下に臨時議会における就任のあいさつを掲載します。  今をさかのぼること114年。明治40年(1907年)に市制施行,そして議会が設置さ …

詳細を確認する

新型コロナの恐怖をあおる偏向メディアの罪

 東洋経済9月12日号に,大崎明子氏が執筆した「ニュースの核心」に非常に興味深い記事が掲載されていましたので転載します。  『新型コロナウイルスは世界的に流行したことで,通常の感染症の枠を超えて,政治,経済,社会に大きな …

詳細を確認する

松くい虫対策

 松くい虫対策としての薬剤空中散布の是非をめぐって反対派が気勢を上げています。散布される薬剤によって妊婦や子供に悪影響が出る,というのがその理由とか。しかし,こうした事実を私は寡聞にして知りません。また,生態系にも影響が …

詳細を確認する

新型コロナウイルス肺炎

新型コロナウィルスが流行の兆しで,症例があちこちで報告されています。 報道はすごく過熱をしており,まるでウィルスに冒されたかのよう。もちろん「新型」の肺炎ですので注意することに越したことはありませんが,猛毒の「鳥インフル …

詳細を確認する

松本市議会第50代議長に就任

 令和3年5月18日開催の臨時議会において松本市議会第50代議長に就任しました。

 以下に臨時議会における就任のあいさつを掲載します。

 今をさかのぼること114年。明治40年(1907年)に市制施行,そして議会が設置されました。爾来幾多の先人によって築き上げられてきた松本市において,第50代市議会議長に指名をいただきました。衷心より感謝申し上げます。

 本市は本年4月から中核市となり,新たな歴史を刻み歩み続けることとなりました。時は今,未曽有のコロナ禍。二元代表制の一翼を担う議会として,市民の命と生活を守り,安心して暮らせる社会を目指していかなければなりません。

 そうした中、改めて思います。議会人として何より大切なことは,議員一人ひとりの意見,議論を大切にすることにあります。組織として間違いない方向を求め,また,その逆の場合でも復元力(レジリエンス)を担保するのは多様な議論です。そう考えます。

 市民の皆様,臥雲市長をはじめとする理事者の皆様,そして議員各位のご協力とご指導をお願いし,議長就任のあいさつといたします。どうぞ、よろしくお願い申しあげます。