異常気象

 サッカーワールドカップベルギー戦。日本は惜しかったですね。チョコレートは決してなめず,かじっていたのですが思いは届きませんでした。しかし,まさに惜敗。サッカー史に残る,試合となったものと思います。

 ところで,今年の気性は異常ですね。毎年,異常気象が話題に上がる昨今ですが,今年はほんとに異常だと思います。年の始まりは北陸の大雪。37年ぶりの豪雪だったとか。松本は雪が少なく雪かきの回数も少なく助かったのですが,春が急に訪れました。入学式(4月5日)に桜が満開でした。こんなことは松本ではあり得ないこと。そして,その後は,気候が安定せず,暑かったり,寒かったりで,なかなか衣替えもままならないといった感じでした。そして,梅雨となり,入梅は平年並みであったと思いますが,なんと6月29日には梅雨明けとなり,今,猛暑です。そして,なんと台風が今日本に接近しつつあります。
 梅雨明けが早すぎて水不足が懸念されておりましたが,台風が多量の水を持ってきてくれることはありがたい?

 異常を示すサインが我が家にあります。それは「竹」。今年はなぜか竹がたくさん生えています。ここ20年ぐらい経験のない量の多さです。竹が繁茂すると松茸が取れない,といわれているそうですが,ただでさえ松くい虫にやられている松茸山が,竹をして松茸が生えないとなれば,今年の秋は寂しいものとなってしまいます。秋の味覚であるサンマが昨年は全くの不漁。今年はどうなるのでしょう。不漁といえば,ウナギもほとんど取れないそうで,夏も寂しいものとなりそうです。

 地球は寒冷期に向かったいるといわれ,それにあらがっているのが炭酸ガスによる温暖化。マイナスとプラスが相互に作用し,地球全体がぐらぐらしている感じです。

 私たちはいったい,どうすればいいのでしょうか。